○ 栃木県交通・生活安全安心県民大会
  11月17日(火)栃木県総合文化センターにおいて、県内で交通事故の防止や生活の安全安心を守る活動を実践している団体、関係者が一堂に会し、第12回栃木県交通・生活安全安心県民大会が開催されました。
 席上、これまでの活動に対し関係団体・個人への顕彰があり、当法人が「安全で安心なまちづくり功労団体」として知事感謝状を受賞いたしました。
 これまで取り組んできた「青色回転灯防犯パトロール」の活動を評価していただいたものと思います。先に、10月19日に開催を予定していた「佐野市地域安全のつどい」に於いて、栃木県警本部長・県防犯協会長からの表彰もあり、二重の喜びです。

 ○ 青色回転灯防犯パトロール隊出発式
  10月12日(月)午前11時~佐野市文化会館駐車場において、本年度の「全国地域安全運動」が11日(土)~20日(火)まで展開されていることを受け、佐野市内で青色回転灯防犯パトロール隊を組織している関係者が一堂に会し出発式を開催しました。
 当法人は、地域の子どもたちに豊かなスポーツ体験の機会を確保させたいとの願いを込め、大人の会員が物心両面で支援していこうとの理念を掲げています。そうした中で、地域の子どもたちの安全・安心にも配慮していきたいとの願いから、平成27年9月にパトロール隊を組織しました。
 現在は4台の青パト使用自動車を陸運事務所に申請し、車検証にその旨の記載証明を受けてパトロールをしています。また、会員の中から23名の方が所定の講習を受け、パトロール実施者証を受け、6班に分かれパトロールに参加しています。
 今年は、あその学園義務教育学校の開校やコロナウイルス感染症拡大に伴う学校の休校措置の関係で、児童生徒の下校時刻が遅くなるなどありましたが、パトロールの経路を変更したり開始時刻も遅くするなどの対応を図りながら計画的に実施しています。
 そして、この程、栃木県知事から「自主防犯団体知事感謝状」を受ける事になりました。大変名誉なことと喜んでいます。
 
○ 第3回理事会の報告
 8月17日(月)田沼中央公民館に於いて、令和2年度第3回理事会を開催しました。主な内容を下記の通り報告致します。
報告事項
(1)8月11日現在の会員数
 会員は、大人会員230名、子供会員192名、合計422名(活動実績会員総数701名)です。コロナ感染症の影響を受け、昨年度比57%の会員数です。
(2)8月11日現在の収支状況
 会費・賛助会費及び国と佐野市からの持続化給付金による収入総額は、6,516,549円
 指導者謝金や消耗品、事務局経費等の支出総額は、2,410,719円です。
 会費収入が大きく減収となりましたが、持続化給付金を受給できたことで、本年度予算額とほぼ同額を確保出来ました。
協議事項
(1)スポーツフェスティバル2020の開催について
 期日 10月11日(日) 於 アリーナたぬま
 内容 活動発表、体験活動、交流大会、抽選会 等
 ※  現在、佐野市のイベント開催制限は「ステップ①(人数上限100名)」の状況下に   あることや、コロナウイルス感染症予防対策の徹底に限度があることを考慮し、今   年のフェスティバルを中止にすることとしました。
(2)バスハイキング開催について
 期日 11月8日(日) 横浜 方面
 ※ 団体バスを利用することによるコロナウイルス感染症予防に不安があるとの意見  が多く、今年のバスハイキングは中止にしました。
(3)慶弔規定の制定について
  これまで、会員に関する慶弔にについては、都度関係者で協議し対応して来ました  が、慶弔規定を設け、規定に則り対応することにしました。
その他
(1)連絡網の構築について
   クラブからの連絡や講座参加者への連絡について、これまでは主に電話連絡や通  知文の発送で行ってきましたが、今後、多様な連絡形態に対応出来るよう、実態に   適した連絡網の専用ソフト(Mailによる連絡方法)を検討します。
(2)コロナウイルス感染症予防対策の徹底
   一部の講座で、「コロナウイルス感染症予防対策の徹底を欠く行動が見られる」    との意見がありました。今後、指導者及び運営委員からの指導により、予防対策の  徹底を図っていきます。

〒327-0306
栃木県佐野市戸室町1592-2番地
佐野市田沼グリーンスポーツセンター
電話番号 0283(62)9779    Fax番号 0283(62)8340
メール tanuma-ac@silk.plala.or.jp