栃木県スポーツ少年団軟式野球交流大会・全日本バレーボール小学生大会栃木県予選会
                      優      勝
金子裕佐野市長に優勝を報告して来ました。
 NPO法人たぬまアスレチッククラブの活動理念のトップは「スポーツ好きな大人が子どものスポーツ活動を支援する」です。
 近年、子どもが身近なところで楽しくスポーツに親しむ環境が乏しくなって来ています。また、子どものスポーツ活動に伴う保護者の時間的、経済的負担が増加し、子どものスポーツ活動が萎縮されつつあります。そうした中で、NPO法人たぬまアスレチッククラブは子どもを取り巻く様々な環境を整え、一人でも多くの佐野市の子どもにスポーツに親しんでもらいたいと願って活動を推進しています。
 この度は、軟式野球の学童野球チーム「たぬまアスレチックBBC」が栃木県スポーツ少年団交流大会で、小学生バレーボールチーム「たぬまアスレチックVC」が全日本バレーボール小学生大会栃木県予選会に於いて見事「優勝」の栄誉に輝きました。
 本来ならばこの後に関東大会や全国大会への出場となった訳ですが、このご時世下大会が「中止」となってしまいました。誠に残念なことです。
 しかし、こうした成果を金子裕佐野市長にご報告する機会を与えていただきました。選手たちはとても喜び、緊張の中、大会の感想やこれからの夢、希望を金子裕佐野市長にお話しをすることが出来ました。
 クラブを代表して同席し、金子裕佐野市長におかれましては、より良い子どものスポーツ環境づくりにご尽力していただきたいと熱望しご期待を膨らませました。